クレジットカードで延滞すると情報が載るか

キャッシングベスト3

クレジットカードで延滞すると、その情報がどこかに載るって聞いたんだけど、それってどういうこと?その情報がどう使われるのかとか、誰に公開されるのかとか、かなり気になるんだよね。というのは、ちょっと延滞しちゃったからなんだけど。

特に借金で失敗した情報なんて、近所の人とかに知られたくないし、個人情報的な意味でも、しっかり管理してもらわないと困るから、どうなってるのか、教えてほしい。

クレジットカードの延滞情報は、信用情報機関に載せられます

クレジットカードの延滞情報は、信用情報機関というところに登録されます。信用情報機関とは、日本に3つある信用情報を集めた機関で、銀行、消費者金融、信販などで、それぞれ別に登録しています。普段は、「この人は借金を申込んだ」「この人はクレジットでお金を借りて、返済結果はこうだった」というような情報が掲載されるのですが、延滞などがあった場合、返済が「遅れた」という意味の「A」マークがつけられます。

そのマークが3ヶ月、1ヶ月分も支払われることなく続いた場合、「事故者リスト」というところへ異動されます。この情報が異動され、リストに登録されてしまうと、いわゆるブラックという状態になり、大手の借金・クレジットカードの審査に通らなくなります。このブラックの情報については、どこの金融会社からも照会できます。

もちろん、そうした延滞情報が、誰からでも簡単に見られてしまっては困りますよね。信用情報機関がこうした情報を開示するのは、金融業者に対してです。また、あなた自身が、あなたの信用情報の開示を求めることもできます。けれども、関係ない第三者が勝手に照会することはできません。

また、少し延滞したということでしたが、1回限りの延滞で、すぐに返済した場合などは、自社ブラックにはなってしまいますが、信用情報機関で事故として扱われませんから、他の会社の審査には通る可能性があります。3ヶ月、継続的に延滞した場合に、ブラックになるという点、また、Aマークがつけられた該当情報機関を利用している金融会社で、審査に通りにくくなるという点を、ご理解ください。

クレジットカードのキャッシングの利用での延滞情報とは

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りた際には、毎月決められた期日までの支払いが必要です。現在は、毎月決められた日に返済をするシステムが採用されていることが大半で、返済日に惑わされることも少なくなり、決められた日に返済しやすいようになっています。通常は支払いの設定をしているので、自動的に銀行口座から引き落としが行われ、滞りなく返済していく事が可能になっています。

しかしながら、何らかの理由で返済に必要な分だけのお金が口座になく、返済に遅れが出てしまうような場合には、この遅れが特定の機関に登録されてしまう事もあるのです。金融機関から融資を受ける上では、滞りなく返済していくことが信用につながっていきますので、この返済が契約通り行われないと延滞となり、様々なトラブルの元になります。

返済が遅れることで、信用情報機関には金融事故が記載されます。これは三ヶ月程度の延滞が続くと、かなりの確率で登録されてしまう事になり、この記録が記載された後には、金融機関のローンの審査に通らなくなってしまいます。加えて、現在のローンでの限度枠が小さくなってしまうようなことや、現在使用しているクレジットカードのサービスの利用ができなくなったりなど、多くの問題が起こる事になるのです。その為、金融機関から借り入れで返済に遅れてしまうという事は、クレジットカードの利用者としては非常に大きな問題となります。

このようなトラブルを回避する為にも、三ヶ月以上の延滞は避けなければなりません。これが初回の返済の遅れならば、業者側が何らかの理由で引き落としできなかったと検討してくれることもありますが、同じような返済の遅れが複数回起こることで、確実に金融事故として登録されてしまう事になります。その為、これらの金融事故を防ぎ、継続して金融機関の提供する利便性に優れたサービスを利用するためには、期日通りに返済を行っていく事が重要になるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【速報】在籍確認なしで借り入れ可能なサラ金一挙公開中→ All Rights Reserved.