クレカの限度額は、年収で決まってしまうんですか?申込んだ金額にならず、少し低い金額になってしまいました。私の年収では、これ以上、枠を増やすことはできないんでしょうか。旅行とかでも、クレジット使いたいので、もう少し、枠が欲しかったんですけど…

クレカの限度額は年収だけでは決まりません!

クレカのの限度額を決める要素は年収だけではありません。もちろん、年収が大事な要素であることに違いはないのですが、それよりも大きな要素も存在します。

たとえば、借金をしてブラックリストに載っていたら、クレカはつくれません。これは、借金で事故を起こすような人は、クレジットでも滞納する可能性が高いからです。また、事故暦などでブラックがなかったとしても、他社から大量に借入をしている、あるいは他のクレカ、キャッシング用カードを持っている方は、年収で見るよりも返済できない可能性が高く、ハイリスクになります。

逆に、借金をしていても、しっかり完済していて、カードも既に返却し、他からの借金がなければ、「この人は無茶な借金はしない」と見なされ、信用が高い状態になります。そうなると、本来、その年収では、すぐには貸してくれなかった金額まで、貸してくれるようになる場合があります。ショッピングの場合も、少しずつ枠を広げていくことができます。

但し、キャッシング機能を付加する場合については、銀行系でない限り、年収の3分の1を越えることはできません。総量規制という規定に引っかかってしまうためです。そういう意味では、年収は非常に重要な要素です。もし、あなたがたとえばご家族に養ってもらっているのだとしても、あなたの稼いだ金額から、ある程度限度額は決まってしまいます。ショッピング枠については、枠の金額次第では、必ずしも細かく審査していない場合があるようです。

案外、アルバイト1人暮らしよりも、学生親と同居のほうが、審査に通りやすかったりするという面もありますので、学生のうちに30万くらいのカードなら、つくっておくというのも、1つの方法ですね。

クレカのキャッシング枠の限度額と年収の関係とは

クレジットカードのキャッシング枠の限度額と収入は、法的な規制と深く関わっています。多くの金融機関からのキャッシングは、利用者の年間の収入の三分の一までしか借り入れることができないようになっていますが、この規制の特徴として銀行や信金などの各種のサービスやローンは、この規制の対象外となっているというポイントがあります。この融資限度額の規制を受けているのは、利用者ではなく業者で、この業者への規制とは利用者の側に借りることができない状態をつくる結果となり、サービスが利用しづらくなる事もあります。

この規制が施行されるようになった経緯としては、多重債務に陥ってしまうようなケースをできるだけ少なくする為で、一定の制限を設けることで、返済が不可能になるケースを回避しているのです。このクレカなどのキャッシング枠を利用した借り入れで、一定の制限をかけることで、利用者の無駄遣いや過剰な融資を防ぐ事ができているのが現状です。この規制の対象となっている業者は、消費者金融やクレジットカード会社などで、クレカの場合は、ショッピング枠は総量規制の対象とはなっていません。その為、クレカを利用した時のキャッシング枠への配慮が必要になります。そして、銀行や信金などの金融機関は、この規制の対象外となり、キャッシングにおいてもこの範囲を超える融資を受ける事ができるようになっています。

銀行からの各種ローンを含め、キャッシングなどでは年間の収入の三分の一を超える借金をすることができるようになっています。しかし、銀行のキャッシングを利用する際には、信販系の会社がクレカを発行する際の審査よりも厳しい基準があり、各種の審査項目に加え、年収が低すぎるようなケースでは銀行系のキャッシングの審査に通らないこともあります。そのため、キャッシングというサービスを利用する際には、信販系のクレカも含め、各業者で異なる借り入れ条件という項目を重視してサービスを選ぶ事が重要になるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【速報】在籍確認なしで借り入れ可能なサラ金一挙公開中→ All Rights Reserved.