借金をする際、その利用目的によって、選べるローンの種類が違いますよね。よく名前がついたローン商品があるのですが、それぞれ、どんな方が利用できるんですか。また、名前がついたローンの有無がわからないとき、どうやってローンを探したら良いですか。

ローンの選び方について、その利用目的という観点から教えてください。

まずはローンの基本的な種類を知ってください

まずは、基本的なローンの種類を知っておくことが大切です。それは、「マイカーローン」「住宅ローン」などの個別の種類というよりは、ローンの借り方としての種類です。

具体的には、公的資金という、国で取り扱っているもの、銀行・信金の目的別ローン、銀行・信金カードローン、消費者金融等カードローン、各種フリーローン、クレジットカードのキャッシング、というようなものです。特に、お金を借りるというと、銀行か消費者金融か、などと考えがちですが、住宅以上に高価なものを購入する場合や、事業資金として使う場合など、困る点も出てきてしまいます。

何か借金をしなければならないとき、もし、それが事業性資金で、特に急がないということであれば、とりあえず公的資金が利用できないか、商工会などで相談してみるのが、最も良い方法です。特に、船舶の購入など、非常に大きな資金が必要な場合には、カードローンなどでは、とても対応できません。そのような場合、公的資金を利用する以外に方法がないのです。

住宅ローン、カーローンなどは、あなたもご存知でしょう。住宅ローンの分類として、リフォームローンなどもありますし、教育ローン、奨学金(借りるタイプ)なども知られています。これら以外に、何か高額な商品を購入する場合、「割賦払い方式」という購入ができる場合があるのですが、これはローンとは言いません。単純に分割払いです。

カードローンやフリーローンは、特に使途を定めないローンで、その限度額の範囲に収まれば、ほとんどどんな目的に利用しても構わないとされるローンです。但し、多くの金融会社では、そのカードローン、フリーローンの目的として、「事業性資金」だけはNGとしています。事業性資金は、先ほど申しましたように、可能なら、公庫から借りるのが妥当です。

利用目的に合ったローン商品がある場合、カードローンよりも、そうしたローンのほうが使いやすい場合があります。たとえば、カーローンなどは、車を担保として、低金利で借入ができます。このように、金利が低くなる場合ですね。けれども、商品を担保に入れたくない場合などもあると思います。そのような場合、カードローンやフリーローンは、担保も不要で、どんな目的でも使えて、便利です。

利用目的が多彩なローンとしてのキャッシング

金融機関が提供しているローン商品はたくさんあるのですが、利用目的が限られているものはたくさんあります。例えば、リフォームローンは多くの人が利用しているようですが、これはリフォームのためにしか用いる事はできません。工事代金以外のものに利用すると契約違反となる場合が多いでしょう。

他にも色々なものがありますが、たいていは目的が限られています。キャッシングが便利な理由の一つとしては、利用目的の幅が非常に広いことです。何に使う事ができるのかは契約によって異なるのですが、日常生活で必要となるものであれば、たいていは何にでも使う事ができます。

例えば、冠婚葬祭の費用に使うこともできますし、遊ぶためのお金に使う事もできます。ギャンブルに使う事もできるのです。現金として手にすることができますから、特に何かに使わなければならないという決まりがあるわけではないのです。

利用目的は、契約によって異なりますからきちんと把握しておくことは必要です。一定の制限がある場合もあるのです。例えば、事業資金には使う事ができないと定められていることもあります。自営業の人がキャッシングを利用した場合、事業の資金繰りが悪化したときに使ってしまうと言うこともあると思いますが、それが禁じられていることもありますから注意が必要です。

事業資金に使いたいのであれば、個人向けのものではなくて、ビジネスローンなどを利用するのが良いと考えられます。ビジネスローンであれば事業資金に使う事ができる場合が多いです。こちらの方が契約上は安心できるでしょう。

他にも、違法行為には使う事ができないと定められていることもありますが、これは当然のことだと言えるでしょう。日常生活で普通に使っていて違法な行為を行うことは、たいていの人は亡いでしょうから、この点についてはあまり気にする必要はありません。それ以外にも禁止事項として定められている場合もありますから、契約内容を把握しておくことは必要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【速報】在籍確認なしで借り入れ可能なサラ金一挙公開中→ All Rights Reserved.